にしかんニュース!

格闘技試合の景気づけ…暴走行為で少年逮捕
1

東京の後楽園ホール周辺で集団で蛇行運転するなど危険な運転をしたとして、少年12人が逮捕された。

 道路いっぱいに広がり、歩道に乗り上げながら暴走する集団は、道交法違反の疑いで検挙された東京・足立区の不良少年グループ。このうち16歳から19歳の少年12人は今年5月、文京区の後楽園ホール周辺で、信号無視や蛇行運転を繰り返したとして警視庁に逮捕された。4人の少年は無免許だったという。

 調べに対し少年たちは、「メンバーが出場する格闘技の試合が近いので景気づけをしたかった」「パトカーを挑発しすぎて本気にさせちゃった」などと、話しているという。
・・・ランキング

▼スポンサーリンク

「何で太ったんや!」ダイエット強要家族 16歳長女を12日間監禁した理由は…
1
 
長女(16)が太ったことに立腹し、監禁、暴行したとして、大阪府高石市の父親(43)と母親(37)が逮捕された。父親の体重への過剰な干渉は数年前から始まり、体重を45キロ以下に制限したほか走り込みも強要。「何でこんな扱いをされるのか」。自宅を飛び出した長女は友人に不満をこぼしたという。近隣住民から「教育熱心」とみられていた家族に何があったのか。

 ◆15キロランニング

 「何で太ったんや、やせとけ」

 高石市の閑静な住宅地にある自宅マンション。長女が中高一貫校の中学生だった数年前から、父親の怒号が響き渡るようになった。

 「走れ!」。父親の指示で、長女は1日約15キロを走らされることもあった。体重の上限も45キロに設定。次第に授業についていくことができなくなり、中高一貫校にもかかわらず高校への進学は諦めた。最近は飲食店でアルバイトをするなどして過ごしていたという。

 友人らによると、長女はやせ形ではないが、決して太ってはいない。いわゆる「普通の体形」だった。

 両親と2人の弟の5人家族で、以前は家族仲は悪くなかったが、父親とのすれ違いは年を重ねるごとに広がっていったとされる。

 そんな父親に恐怖を覚えた長女は今年8月、家を飛び出した。行き先は佐賀県にある祖母の自宅だった。

 ◆1日1食と暴行

 「そろそろ帰ってきなさい」。佐賀に「逃亡」した長女に、繰り返し帰宅を求めた両親。だがこの間、長女以外の4人で家族旅行に行っていたことが後の捜査で判明した。捜査関係者は「長女のことを本心から心配していたら旅行なんてしないはずだ」などと指摘する。

 そして10月13日、長女は空路で帰阪した。「今まで何してたんや!」。関西国際空港に迎えに行った父親は車中で長女の顔面などを突然殴りつけた。

 暴行は帰宅してからも続き、金属棒を使って複数回殴打。父親はうずくまる長女を6畳の洋室に押し込めた。

 洋室は廊下側から鍵が掛けられ、窓も外部から固定されていた。与えられる食事は1日1回。量も少なくダイエットを強要していたとみられる。トイレと入浴の際は、両親から許可を得ていたという。

 監禁から約12日が経過した10月25日、長女は室内にあった釣りざおをドアの隙間に差し込み鍵を解錠。自宅の電話で祖母に助けを求め、事件が発覚。

 長女は保護され、大阪府警は11月4日、傷害と監禁の疑いで父親を、傷害幇助(ほうじょ)と監禁の疑いで母親を逮捕した。

 ◆「娘のために…」

 「家出したことに立腹し殴ってしまった。外から鍵を掛けたのは、家出が心配だったから。閉じ込めたのは娘のためだった」

 逮捕された父親はこう供述し、暴行や監禁の事実を認めながらも、動機は体重増加とは無関係だと主張した。母親も監禁容疑を認めながらも「体重が増えただけで、夫が暴力を振るうことはない」と話している。

 ただ、捜査では、長女が関空に到着する直前、父親がホームセンターで監禁用の鍵を購入していたことも分かり、計画的犯行だったことも明らかになった。

 近隣住民によると、両親はいずれも無職だが、資産家の親族の援助を受けていたとみられる。父親は、「コワモテ風」だったというが、知人らの印象は違っていた。

 「確かに子育てには厳しかったが、嫁に出しても恥ずかしくないようにという思いがあったと思う」「とても虐待するようには見えなかった」。一家を知る知人らは口をそろえる。

 幼稚園時代から長女に英会話を学ばせるなど、周囲から「教育熱心」とみられていた両親。長女も小学校の卒業文集で心臓外科医になる夢を掲げていた。

 「心臓が止まってしまったら、全てが止まってしまう。そんな大切な場所だからこそ、やりがいがあると私は思う」

 そう文集でつづっていた長女だが、大学の医学部どころか、高校進学さえ諦めるまで教育環境は変わってしまっていた。
・・・ランキング

▼スポンサーリンク

好きな男子を取られて逆上。15歳少女、同級生女子を惨殺
fighting-girls-image[1]

誰にどう犯行の動機を問われても、「あの子にいなくなって欲しかった」と短絡的な言葉を口にするというその少女。フィンランドで春に起きた、15歳少女が好きな男子をめぐりライバルを惨殺した事件についての注目の裁判が始まった。

フィンランド南ポフヤンマー県のセイナヨキという町で今年4月、15歳の少女が毒を盛られ、体中をナイフでめった刺しにされて殺害されるという事件が起きた。あまりにも残虐なこの事件の容疑者として逮捕・起訴されたのは同級生の少女(名前などは明らかにされず)。オストロボスニア地方裁判所で17日からその裁判が始まったことを英メディア『dailystar.co.uk』が伝えている。

事件当日の詳細が法廷で明らかにされたが、被告は被害者を自宅に遊びに来るよう招き、車のウインドウウォッシャー液を混ぜておいたジュースを勧めている。被害者がそれを飲むと目隠しをして横になるよう命じ、キッチンナイフでその体を16か所も刺したとされるが、被害者が泣いて助けを求めると胸にナイフを突き立ててとどめを刺したという供述には法廷の誰もが背筋を凍らせたもようだ。

被告は少し前からある男子に夢中になっていた。スマホ向けチャットアプリの“WhatsApp”で友人らと情報を交わす中、その少年が被害者とデートしていることを知って「絶対に許せない。あの子を撃ち殺す」などと綴っていた被告だが、法廷では人を殺したことは認めているものの殺人罪に問われるのは不服だとしている。しかしジュースに混ぜる毒物についてウォッシャー液ばかりかオーブンクリーナー、エタノール、ガソリンについてもインターネットで検索していたことがわかり、検察側は犯行は1か月前から計画されたものだとして厳罰を求める構えを崩していない。
・・・ランキング

▼スポンサーリンク

 野々村「号泣会見」映像を延々放送 「不快」「下品過ぎる」とテレビ局批判が相次ぐ
73e32_368_8adfd441617893efac224701bcb2c69b[1]

元兵庫県議、野々村竜太郎被告(49)の「初公判ドタキャン」が波紋を広げる中、インターネット上ではテレビ局に対する疑問の声も相次いでいる。

公判当日から翌日にかけ、各ワイドショーは野々村被告の公判を大きく取り上げて「号泣会見」の映像を延々と流し続けていた。

「できることなら罪状認否の段階で号泣してほしい」
野々村被告は、政務活動費約913万円をだまし取ったとして詐欺などの罪で在宅起訴され、11月24日に神戸地裁で初公判が予定されていた。ところが開廷予定の15時を過ぎても被告は現れず、公判は急きょ中止となった。

報道などによると、弁護人は「早朝に家を出ようとしたが、マスコミ関係者と鉢合わせして精神的パニックになり、家を出られる状況ではなくなった。8時半ごろ、裁判を欠席したいとのメールがあった」などと説明したという。

異例の出廷拒否にはネット上でも批判的な声が上がっているが、一方でテレビ局の取り上げ方を問題視する声も目立っている。24日から25日にかけて放送された各局のワイドショーは、2014年7月に大きな注目を集めた「号泣会見」一色だった。

野々村被告がとりわけ大きな声を上げて泣きわめく部分をピックアップしているケースが目立ち、ナレーションなしで1~2分放送する番組も複数あった。

約1時間の特集を組んでいた24日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)では「ウアアアア」と叫ぶシーンにユニークなフォントの字幕をつけ、何度かリフレインさせるというバラエティー番組のような演出まで取り入れていた。

コメンテーターが会見をおちょくるケースもあり、24日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)では、司会の小倉智昭さん(68)が、

「面白い映画も2度3度みるとつまらなくなるんですが、この人の映像だけは1年たってもまだ面白い」
「できることなら罪状認否の段階で号泣してほしい」
などと皮肉まじりにコメントしていた。

「何度も何度も流す意味ある?」
号泣映像が日本中のお茶の間をジャックするような状況について、ネット上には、

「テレビ局各位 あさから野々村竜太郎被告の泣き叫び映像が不快です」
「視聴者が欲しいのは最新映像であって昔の号泣会見の映像ではない」
「マスコミの執拗な追求、というかワイドショー的なネタ扱いは下品過ぎる」
「野々村議員の裁判バックレを報じるのにあの映像を何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も流す意味があるのだろうか」
といった意見がいくつも寄せられている。

野々村被告の政務活動費問題自体は追及されるべきものであり、当然出廷しなければならないのは確かだが、「ネタ的」な扱いに不快感を抱いた視聴者は少なくなかったようだ。

25日放送の「とくダネ!」ではコラムニストの深澤真紀さんが、

「おもしろ動画みたいに扱いすぎちゃっているのもどうなのかな。彼自身の罪はきちんとつぐなって法廷に出るべきだと思うけど、今日のブログ(編注:報道関係者に取材を控えるよう求めた内容)でもかなり混乱していることが分かるので、報道の仕方もあるのかなって」
と違和感を口にしていた。
・・・ランキング

▼スポンサーリンク

小4男児は事故死か 事件、自殺の可能性低いと判断 東京・日野
36f7b5b9[1]

東京都日野市の緑地で10月、遺体で見つかった小学4年の男子児童(10)について、警視庁が事故死だった可能性が高いと結論づけたことが分かった。24日、両親に報告した。男児は過去にも現場でひもを使って遊ぶことがあったといい、同庁は何らかの理由で首のひもが締まってしまったとみている。

 同庁によると現場に第三者が介在した形跡はなく、事件の可能性は低いと判断。一方、家族や友人への聴取の結果、男児にいじめや悩みはなかったうえ、当日母親に「帰ったらご飯を食べる」などと話していたことから、自殺願望もなかったとみられるという。

 男児は10月26日夜、日野市三沢の緑地の斜面で首をつって死亡しているのが見つかった。死因は首の圧迫による窒息死で、首に巻かれたひもは木の幹に結ばれ、両手両足にひもが巻き付いていた。全裸で、衣服は近くにあった。
・・・ランキング

▼スポンサーリンク

鉾田の女児路上放置事件に善意の声 全国から「養子に迎えたい」 
1

鉾田市の路上に生後間もない女児が放置された事件で、県警本部や鉾田署には全国から「養子として迎え入れたい」という声が複数寄せられている。その女児は現在、児童相談所の保護下にあるが、今後は、生みの親が育てられない乳幼児と、血縁関係のない大人が法律上の親子関係を結ぶ「特別養子縁組」になる可能性が高い。その場合、引き取るのは事前登録している「養子縁組里親」になる。(上村茉由)

                   ◇

 着衣がなくへその緒がついたままの状態で女児が発見されたのは今月3日。一時体温が23度まで低下したが、命に別条はなく、現在も入院し治療を受けている。保護責任者遺棄致傷容疑で実母の佐藤美和容疑者(24)が逮捕されたのはその3日後だ。

 事件が報じられると、鉾田署には1通の手紙と電話が数件、県警本部にも手紙が1通寄せられた。県警によると、中国地方や九州地方など、いずれも県外からで、過酷な状況でも強く生き残った女児を「可能であれば養子として迎え入れたい」という内容だったという。

 この女児は今後どうなるのか。県福祉相談センターによると、戸籍法上「棄児」、児童福祉法上「要保護児童」と位置付けられる。

 棄児発見の報告を受けた市町村長が名前をつけ、本籍を定めて「棄児発見調書」を作成する。その調書を元に市民課は戸籍を作る。今回の女児も鉾田市長が名前を決め、すでに戸籍が作成されたという。両親の欄は空欄になる。

 要保護児童は一般的に、乳児院などの児童福祉施設に入り、里親を探すことになる。女児は児童相談所から委託を受けた病院が一時保護をしているが、退院後は乳児院に入る見通しで、児童相談所による調整のもと特別養子縁組の手続きが進められる可能性が高い。

 養子縁組里親の登録には家庭調査があるほか、研修を受ける必要があり、どの子がどの里親の元へ行くかは児童相談所が選定会議を開いて決める。里親に登録後、何年も待たされることはよくあるという。

 同センターの担当者は特別養子縁組について「あくまで子供の福祉のための制度であり、里親を申し出る方のための制度ではない。児童相談所が関与する養子縁組は、登録していない方にお願いすることは100%ない」と話している。そこには「善意」だけではいかんともしがたい現実が横たわっている。
・・・ランキング

▼スポンサーリンク

ビール飲み車運転 容疑で千葉県職員逮捕
e38393e383bce383ab-a89b3[1]

 千葉中央署は23日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、県土整備部副主幹の田村一晴容疑者(50)=千葉市中央区千葉寺町=を逮捕したと発表した。同署によると、容疑を認めている。

 逮捕容疑は、22日午後4時45分ごろ、同区栄町の市道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとしている。

 同署によると、パトカーで警戒中の同署員が無灯火で車を運転していた田村容疑者を発見し職務質問したところ発覚。現行犯逮捕した。田村容疑者は午前中から飲酒していたとみられ、「ビールを飲んだ」と話したという。
・・・ランキング

▼スポンサーリンク

諏訪湖SAのスタバに大型トレーラー突っ込む
1

24日朝、長野県岡谷市の中央自動車道・諏訪湖サービスエリア内にあるコーヒー店に大型トレーラーが突っ込む事故があり、運転手と店員の2人がケガをした。

24日午前7時前、中央道下り線の諏訪湖サービスエリア内にあるスターバックスコーヒーに大型トレーラーが突っ込んでケガ人がいるようだと、近くにいた人から警察に通報があった。

警察や消防によると、この事故でトレーラーを運転していた49歳の男性が長野県諏訪市内の病院に搬送されたが、受け答えはできているという。店は営業時間前で、この他、店内で準備をしていた30代の女性店員も軽いケガをしている。

大型トレーラーは駐車場から高さ15センチほどの歩道に乗り上げて店舗へぶつかっていて、警察が事故の詳しい原因を調べている。
・・・ランキング

▼スポンサーリンク