安藤美姫さん力説 「やらないで後悔するより、やって後悔した方が次につながる」  

20100328091336

フィギュアスケートの元世界女王・安藤美姫さん(27)、陸上の藤森安奈(20)=青学大、青木沙弥佳(28)=東邦銀行、ユーチューバーのizuが3日、渋谷で行われたナイキの女性限定スポーツスペース「NIKE WOMEN,S STUDIO」のオープニングイベントに参加した。



▼スポンサーリンク

以下、ネット上の反響
やってみたら非常に後悔することもあるけど、それを開き直って、やってよかったなんてないでしょ。

いやあ~、あれはほんとに失敗したよ!やらなきゃよかった!みなさんすみませんでした!っていうならわかるけど



人に迷惑をかけないのでしたら自己責任で済みますが。今問題の?殺人や振り込め詐欺、覚せい剤、反社会行動等は、やって後悔するよりは、初めから行動をしないでもらいたい。
こちらの主人公さんは、片親らしいのですが、お子さんの事を先ずお考えをされた方が良かったかと?



人に迷惑かけないことって、例えばどんなこと?
自分が知っている限り、何をやっても必ずどこかの誰かに迷惑をかけることになるよ。
大きいか小さいか、害するかどうかの差だけ。
「やって後悔するよりは、初めから行動をしない」この選択に全力で賛成する。



子供のことを考えると一言でいってもそれには人それぞれです。


それは言えてるね。
おひとり様一度きりの人生なので、思うように生きられたらそれが良いね。
人に迷惑をかけない限り。



テレビは安藤美姫を使い回している。
「悪名は無名に勝る」で、話題になればいいという考えだ。
NHKまで重用している。本人もそれで巨額の収入を得ている。
彼女以外も最近は、スポーツ選手をアスリートと言ってすぐタレントにする。
オリンピックなどで話題を呼ぶと、オファーが殺到するらしい。  
柔道の篠原まで、面白キャラでバラエティーに引っ張りだこだとか。
為末はNHKで国際問題にまでコメントしている。
広告費が減る中、スポーツ選手は安上がりなのだ。
見ていてがっかりする。努力して練習してきた積み重ねを、笑いを取ったりすることで消費するのか。
日本社会は、スポーツ選手に対する尊敬の念が足りない。
タレントがスポーツ番組で司会をして、一流選手にタメ口をきいている。
スポーツ選手もそれを相手にして、一緒にサッカーボールを蹴ったりする。
どんな人間も、バラエティー水準にまで引き下げるのがテレビだ。



もちろん 反社会的なことには 当てはまる訳がない! 

人生のなかで 
ピンチやチャンスといった転換期を迎えたときの 
心の持ち方の事です!  

言葉尻捉えて 
否定する人の 
心の狭さが残念です! 



「男はやらなかったことを後悔する。女はやってしまったことを後悔する。」という箴言があったな・・・


一理あるけど、人生でも何でも「できる失敗とやってはいけない失敗」があるでしょ。

恐らく経験則で言ってるのだろうけど、やり直す時に誰かを犠牲にしなければならないであろう失敗は選択するべきでないんじゃないの?



タイトルだけ見たら… やって後悔…子供出来て父親わからず…世間に叩かれ… かと思った…連想させるタイトルだよね


我が子にもそう言う風に育てるのかな でも、社会で報酬を得て人と暮らすときは色々考えないと 敵ばかり増えるよ


自分の子供に対する慎重な考えがない人の一言にノンコメントです。



▼スポンサーリンク