国交省が「UBER」に中止指導 福岡で実験中(元記事) 

000004566

福岡市などで、一般ドライバーの乗用車に相乗りする「ライドシェア」の実験を行っている米企業ウーバー・テクノロジーズに対し、国土交通省が「無許可でタクシー業を行う『白タク』行為を禁じた道路運送法に抵触する可能性が高い」として中止を指導したことが3日、分かった。日本法人のウーバー・ジャパンは「やり方を修正して懸念を払拭(ふっしょく)したい」として、実験継続の意向を示している。  

実験は「みんなのウーバー(UBER)」の名称で、2月5日に開始した。利用者がスマートフォンのアプリで、場所を指定して配車を依頼すると、付近にいる同社に登録した一般ドライバーが迎えに来て、目的地まで送る。九州大の関連法人「産学連携機構九州」と提携。交通需要の調査などを目的にしており、利用は無料だ。



▼スポンサーリンク

以下、ネット上の反響
お金を持っていない未成年者が遠くに行きたい時にこのサービスを利用した場合、犯罪につながる可能性がある。
また、事故が起こった時の責任問題などを考えた時に単なるタクシー業が儲かるかどうか以前の大きな問題がある。即刻やめるべき。



監督官庁の犬(国土交通省OB)がタクシー業界に巣くってるもの、当然自分たちの天敵に なるような事はそれが道理であっても絶対、阻止する。タクシー業界なんて「談合~過重労働~搾取」で成り立っている存在、しかしこういう黒船?
が入ってきて、日本人の知らない世界が 垣間見えることは大いに結構。
消費者にとって都合の悪い鎖国はどんどん、破壊してもらいたい。



ウーバーは便利だが、普及しているヨーロッパでは、タクシー運転手の仕事と収入が半減している。
日本は規制が多いという批判もあるだろう。だがIT産業が人間の仕事を奪っている今、便利で安上がりというだけで利用していると、回り回って自分の仕事がなくなる日が来るかもしれない。  

話は違うが今後二十年で、仕事の65%が人工知能に取って替わるという予測もある。
今でさえ雇用状況が悪いのに、これからどんどん仕事が減ったらどうなるのだろうか。
全員に仕事を確保することが今後、政治の一大課題となる。それなのに安倍政権は財界の意向に沿って、残業代ゼロ法案を通し、非正規雇用を固定化しようとしている。



横浜市内のとある普段余り行かない駅にタクシーで行こうと思った。普通の車がガンガン通る幹線道路に出てもタクシーは全く来ない。
歩きながら探しても来ない。30分歩いているうちに駅についてしまった。
駅の周りには客待ちのタクシーがズラリと並んで後ろの方の車では昼寝しながら待ってる奴まで居る。 電話で呼ぶのは異常に高くつくし使う気になれない。
日本のタクシー業界は泣き事言いながら自己改革は全くしないで価格維持と規制にばかり期待する。
Uberみたいなサービスが始まって甘ったれた会社が淘汰されてくれることこそが正しいと思う。



旅客運行をする場合には使用する車両を営業車登録をし運転者は第二種運転免許を受けているものに限る 国交省が指摘しているのは無許可で無登録車を使用していることだけだが実際問題第一種免許で旅客運行をしている場合、運転者は無免許で摘発される可能性も高くまた万が一事故を起こした場合は任意保険の適用外になるので重大な過失責任が生じる


危険な香がするな。強盗とか出るだろ


以前ニュースで紹介してたけど、全く見ず知らずの人乗せるなんて怖ぇ〜よ。 それに完全な白タク(笑)


ウーバーワールドと勘違いかぁ...。


二種免許も持ってないどこの誰だかわからない素人の車に、どこの誰だかわからない客が乗るってこと?韓国とかタクシーでレイプされてる日本人とかいっぱいいるし、強盗とかも乗ってきたりして怖くない?
ちょっと想像すれば普通に事故や事件の温床になることは明白だとおもう。
そもそも安全や安心が担保されないサービスをちょっと便利・安いからって理由で導入するのは愚かすぎ。 それにタクシードライバーの給料なんて安くてやってらんないくらいでしょう。
手取り12万とか悪いと10万切るとか元ドライバーが言ってたよ。生活保護の方がマシとか。
まあそういう人が結局ドライバー登録して昼夜を問わず働くんでしょうけど。
100%日本じゃありえないし、他国でもいずれ衰退すると思う。 ロンドンではタクシードライバーになるのに二年もかかるって読んだぞ。
街中で地図片手にチャリンコ乗ってるのは道を覚えている人らしい。
イギリスではどうなんだろう…。 デフレの怖さをもう忘れちゃったの?既得権益言いたいだけじゃん。



タクシー業界は監督主務官庁の主要な天下り先(官製産業廃棄物受け入れ)何事にも手厚い庇護が在る・・・・・・・・・


この国の運転免許は誰にでも取れるんですよ、誰にでも。


ま、こんなものは間違いなく犯罪に繋がるだろう。



▼スポンサーリンク