年金保険料、もらえないかもしれないのに払う意味って本当にあるの?

20100328091336

特に若い世代の間で「将来、本当に自分は年金をもらえるのだろうか?」と漠然とした不安を感じている方が少なくないようです。国民年金の保険料は平成26年度15,250円。決して安くはない保険料は、特に非正規労働者にとって重い負担になっています。

「年金なんて、どうせ保険料払ったってもらえない」そんな声もちらほら聞こえてきます。私たちが毎月払っている年金保険料は、ほんとうに無駄なのでしょうか。



▼スポンサーリンク

以下、ネット上の反響
無職の僕も国民年金を無理して払い続けています・・・


20歳から9年間支払ってこなかったが、年金の勉強をして理解し全額9年分支払った。
今となれば国民年金は国民の義務であり保険だと思って支払っている。

自分の目先のことだけを考えれば払わないでいいと思うかもしれないが、
自分が先立ってしまった場合や生活に支障をきたす障害を負ってしまった場合
年金を支払っていないと結果的に親や嫁や子供に迷惑をかけ苦労させてしまうことになる。

大切な人に苦労させたくないのでこれからも年金は保険として払い続けます。


いくら掛けても将来 貰えないね 民間の年金に掛けた方が安全、どこかの大臣が100年安心 10年 もたずにパンク 無理だね 掛け捨てで あきらめて。


その貰えないからと煽っている愚策に乗っかるの?
貴方の様に、思って国民年金を払わない人が増える事が、一番危険です。

年金機構に蓄えは有ります。正しい管理が為されれば年金は将来的に貰えます。

只、どこの誰だか判らないが、年金は今のままだと無く成ると言った人が居て、
その意見に運営側が乗っかって支払い額を減らした事から、年金は危ないと成ったと思われます。
出て行く分(年金の支払い)を補えば問題は無いのですが、この補いが無く成れば、
年金は本当に貰えなくなります。当然の帰結ですね。

将来、年金を貰いたかったら、今は年金機構が継続していく為に蓄えだけに頼らず、
継ぎ足すのが、正しい年金運用の仕方では有りませんか?


年金問題ですが、国民年金は満額掛けて貰える金額が、何だかんだで70万円弱です
それに引き替え、若いころズルを決め込んで年金がもらえない人には、その数倍の
生活保護と言う名で「不正直者」にはその数倍の金が貰え、しかも医療費はタダ、家賃も
補助その他諸々手厚い保護、我々普通の納税者には病院でもジェネリック医薬品を
奨めるのに、人様のお情けで暮らす輩は、どうせタダで自分の金じゃー無いので
普通にブランド薬品を請求する、こんな無法が通るんですから、掛け金何て払うのが若い人じゃー
無くても馬鹿らしくなりますよ、少なくとも年金を払った人の方がたとえ1円でも多く
貰えるようにしなければ、やがて年金制度は崩壊ですね。


国民年金もですが、サラリーマンが強制徴収されている厚生年金も問題ありです。私の年齢の場合24年払わないと取られているのに支給対象になりません。これって終身雇用が保証されていた時代の男性に有利な制度ですよね?終身雇用が崩壊している今のご時世では男性でも支給対象から外れる人多いでしょうね(^_^;)女性は尚更です。払った分だけ支給を受ける権利がないのでは馬鹿らしくて…取られ損ですよ。その分自分で民間の保険かけた方が遥かにましです。年金制度は今の時代に対応できてないですよ。払わない人がいるのは年金が既に不公平な制度だとわかっているからでは?


▼スポンサーリンク

現在、年金受給資格年数を25年から10年に短縮することは決まっているようですよ。その施行予定日は、消費税を10%に引き上げる時、即ち、平成29年4月だそうです。年金は必ずもらえますよ。一番良いのは、勤務先か家の近くの年金事務所に行って、現在の状態で満65歳まで年金を納付した場合、いくら年金をもらうことができるのか、シュミレーションをしてもらうことです。そうすると、10分くらいの操作で、満65歳になってからもらうことのできる年金の支給予想額が書かれたプリントをもらうことができます。それを見て、その額が少ないなと思った場合には、支給される年金を増やすためにはどうすれば良いかということを聞いて見るといいと思います。

▼スポンサーリンク

公務員や上場企業の厚生年金と自営業者の国民年金とでは支給額や待遇に大きな差がありすぎと思える!また年金を扱う官庁も国民が支払う年金流用も適当ほかに文句言えば限がないくらいだ!・・・最大のデメリットは至急年齢を度々引き上げることと・・さらに高齢者に対して再就職をすすめる政府政策!支給される頃は死が近い年齢!まさに政府対応は年金を集めてくだらない資金に流用し、高齢でも働け、支払いしたくないから早く死ね!なんてもんだよな?日本の年金制度はこの先破綻状態にさらに支給が難しい状態になるのは間違いない・・現状でもマクロ経済スライド方式なんて言ってますがこの先どのようになるか?不安ですよね!・・・出来れば北欧スウエーデンのように社会福祉充実の為による高額な税金制度と国民への支給項目の明確化などをすればよいですよ。厚生年金、国民年金などをなくして一律各税金アップとして平等な年金支給なら国民も納得しますよ!あと追加で年金貯金とかとし個人が国へどのくらい年金を貯金しているかを明確化し国が貯金を流用する場合預金者の承認を得るなど・・・考えれば方法はいくらでもあるし国民が年金を進んで支払うような制度を確立することが一番と考えます!コメントに将来の為、義務の為支払いするコメントありますが10年もしないうちにさらに年金制度は悪化し破綻します!


あまり年金の知識はないのですが、「遺族年金」って基本未成年の子供がいた場合のみ支給されるのでは・・・
結婚しても子供がいなければ配偶者には年金がもらえないのでは・・・
又、子供が何人いても全て20才以上の場合、もらえないのでは?
ましてや自分が死んだときの年金、全て通常の生命保険に掛けたほうが割がいいのでは・・
という疑問がわいてきます。
「障害年金」の定義はよくわかりません。どんな障害のときいつもらえるのか?
掛け月に制限がないのか・・・その辺を考えると・・・保険料の支払いをためらうの当然かな?!


老齢年金は、1/3を国が負担しています。
つまり、掛け金を一切払わなくても、満額の1/3の受給資格はあります。
だからといって、払わず放置で良いというわけではありません。
払えない人は、かならず免除申請書を提出しましょう。

今の20代、30代の人達が年金を受給するようになった時、受給資格年齢は何歳になっているのやら…
70歳とか75歳に引き上げられているんでしょうね。
そんな歳まで生きてたくないので、私は老齢年金は不要です。


ふざけんな、まじめに払っていても国はなにかにつけて3割カットなど色々帳面上の理屈つけてへらすだけ、
年寄りがつけた法律はいまの霞が背の人達には関係ないんです。だれが二ヶ月 55000円で生活できます?
私、とても苦しいです、でもがんばってます、こんなことつずくわけないとおもいます。
国が厚生年金じゃなくて国民年金にも。もっと考えてもらえないと。日本国を考えてるのは企業だけじゃないですよ


「年金なんて、どうせ保険料払ったってもらえない」そんな声もちらほら聞こえてきます。私たちが毎月払っている年金保険料は、ほんとうに無駄なのでしょうか。

これの答え
遺族年金や障害年金はもらえる?
それすらもまともにもらえなくなる予想があるから「払いたくないよ」となるんじゃないのか?
ほかの方も言うように民間の個人年金+所得補償保険+傷害保険の方が確実


年金が無くなったとする。つまりそれは、あなたの両親はあなたが面倒見る。とうことを意味します。
意見は分かれると思います。
子供のいない人は、食べられなくなりますね。生活保護が急増し、年金に取って代わり、結局税金として収めることになりそうです。そのほうが本当に、払うだけ、になってしまうわけですね。
国民投票したらどうなるんでしょうね。興味あります。


制度そのものの金の流れがおかしいのだと思う。実際民間で同じくらいの収保料で運用させたらもっと健全になるのだと思う。
結局集まった金に群がる蟻が多すぎて残らない。支払わない人が多くてというのはただのいいわけである。
約800万の金を40年コツコツ払って余生10年で約300万もらえますよっていわれてもね。。記事にもあるように掛け捨ての保険と思えばいいのだろうけどだったら個別に任意保険として扱うべきである。


▼スポンサーリンク